久里浜医療センター

WHO (世界保健機関) アルコール関連問題研究・研修協力センター

  • HOME
  • サイトマップ
  • English

医師紹介

杉原 正子/ Sugihara Masako

専門領域

精神神経科、思春期・青年期精神科

主な所属学会、委員会、役職等

[役職] 日本医療安全学会代議員、早稲田大学校友会稲門医師会理事
[委員会]  東京保険医協会勤務医委員会委員
[その他の所属学会]
日本医学教育学会、日本医学哲学倫理学会、日本質的心理学会、日本児童青年精神医学会、日本精神神経学会、日本ヘルスコミュニケーション学会、日本生命倫理学会、日本臨床倫理学会

な資格

日本医師会認定産業医

卒業年

2010年

主な論文、著作リスト

1) Sugihara M. Intended vs Reported Scope of Practice. JAMA. 2016 May 24-31;315(20):2233-4.)
2) Nagata M, Sugihara M, Takita M, Tanimoto T, Kami M.Punishment for a medical malpractice in Japan. Intern Med J. 2016 Jan;46(1):120-1.
3)  Sugihara M. Staffing and education of nurses and hospital mortality in Europe. Lancet. 2014 Sep 6;384(9946):851.
4)  Sugihara M, Tanimoto T. Interventions for people with schizophrenia and their caregivers in India. Lancet. 2014 Jul 19;384(9939):231.
5)  Sugihara M. Training for effective patient communication. JAMA. 2014 Apr 2;311(13):1356.
6) 杉原正子 :事例数と研究(意見論文,Re:リ・コロン[再論]第4号特集2「質的研究テクニカル・フロンティア」) 質的心理学フォーラム (5), 108-110, 2013
7) 杉原 正子. 食養について がん患者を支えるもの, 綜合医学 29巻1号, Page10-13, 2006
8) 松崎 素子(慶応義塾大学 腎内分泌代謝内科), 田中 花林, 税所 芳史, 杉原 正子, 田中 正巳, 入江 潤一郎, 目黒 周, 河合 俊英, 伊藤
裕縦隔炎にて急激な経過を辿った高齢2型糖尿病患者の1例日本内科学会関東地方会 593回, Page54, 2012 
9) 遠藤 香織, 杉原 正子, 宇都宮 雅子 [他]. 医学生を中心とした男女共同参画に関するアンケート結果--医師のワークライフバランスへの考察. 医療の質・安全学会誌 5(4), 306-314, 2010

自己紹介

2015年4月より勤務しております。精神科診療部に入院中の患者さんの精神科診療、および、金曜日の再診外来、火曜日の初診外来を担当しています。外資系コンピュータ会社のシステムズエンジニア、高校の非常勤講師、アメリカ留学などの様々な体験を生かして、視野の広い一般精神科診療を行っていけるよう頑張ります。また、今後は、思春期・青年期精神科診療も力を入れていきたいと考えております。どうぞ、よろしくお願い致します。


















ページTOPへ
Copyright(C)2010 National Hospital Organization Kurihama Medical and Addiction Center. All Right Reserved.