久里浜医療センター

WHO (世界保健機関) アルコール関連問題研究・研修協力センター

  • HOME
  • サイトマップ
  • English

看護部

*久里浜医療センター看護部を紹介します

看護部を紹介します。

○必要とされる病院を目指して


 「青い海」と「広い空」に囲まれ、穏やかな空気の流れる久里浜医療センターですが、依存症疾患のパイオニアとして全国には知られた病院だと自負しております。
 依存症としてはアルコールが有名ですが、近年ではネット、ギャンブルといった嗜好に対する依存症の研究も盛んで多くの患者さんに頼りにして頂いております。
特にネット依存は現代病とも思われる症状で急速に増加しており、思秋期の若い男性を中心に多くの患者さんが来院されています。ネット依存症を入院治療する施設は全国でも稀有です。当院ならではのプログラムと環境調整を治療の中心におき、看護師たちも患者さんの苦しみに寄り添いながら日々の生活環境の調整を行っています。
 そして現在のもう1つの社会的問題になっている認知症ですが、当院では物忘れ外来からの早期認知症診断を中心に認知症医療を展開しております。また、平成30年度からは若年性認知症の実態調査から訪問看護によるフォローまで神奈川県東部のサポートを県の要請を受けて行うことになりました。
 看護部はミッションである依存症医療とともに地域が今、どんなことを必要としているのかを考えながら自分たちにできる地域貢献を行っていきたいと思います。看護部でフェイスブックも始めました。どうぞ忌憚のないご意見をお聞かせください。

                                                        看護部長 青井久江



看護部の理念

患者さまの心に寄り添い、患者さま自身が自律できる看護の提供に心がけます

看護の基本方針

1. 患者さまの立場に立ち、個々のニーズに応じた看護を提供する
2. 安全で質の高い看護の提供に努める
3. 部門内の連携を図り、より良いチーム医療を提供する
4. 看護教育・研究を推進し、変化する医療に対応できる看護をめざす

平成30年度看護部の目指すところ


「精神科領域の専門性の高い看護師を育成し看護ケアの向上を図る」

1.看の組護部織体制の整備

  1)各自の役割意識の向上・育成
  2)患者中心の看護の提供(患者が主体的に治療できる環境を整える)
  3)看護記録を個別性のあるものに整える
  4)働きやすい職場作りに努める

2.専門職業人としての倫理観を養う

  1) 倫理について各部署での検討を実践する

3.医療事故防止・感染防止

  1) ヒヤリハットに対する要因分析の実施
  2) 医療安全に対する意識の向上と感性の育成
  3) 感染に対する意識の向上と感性の育成

4.病院経営への参画

  1) 患者数確保
  2) 経営に参加できるものを各部署が提示する
  3) 医事課・経営企画課との連携を密にし診療報酬算定漏れをなくす

5.看護教育・研究等自己研鑽し、精神看護の専門性を追求する

  1)看護研究に取り組み院内・院外で発表する
  2)医療安全・感染管理分野で行われる研修会に参加する
  3)キャリアアップに向けて研修や講習会に参加する

平成30年度教育計画(PDF資料)

看護部教育研修

看護部 教育委員会便り  研修報告 (PDF資料)

奨学生申請書(H24.04.01改正) 奨学金貸与規程(H24.04.01改正)


















ページTOPへ
Copyright(C)2010 National Hospital Organization Kurihama Medical and Addiction Center. All Right Reserved.